住所、電話番号から面会、差し入れまで
  • HOME »
  • 拘置所での生活

拘置所での生活

拘置所の一日

拘置所ごとで若干時間が変わりますが、ここでは未決拘禁者と受刑者に分けて拘置所の大まかな一日について書いていきます。

未決拘禁者

起床時間はおおむね7時から7時半の間です。起床したら布団を畳み、洗面、掃除をして刑務官の点検を待ちます。点検が終わると朝食になります。朝食後は、裁判がある人は裁判所に向かいます。未決拘禁者は作業がないので、空いている時間は読書や書物などすることができます。また、午前中に運動の時間が設けられている拘置所が多いようです。12時頃昼食で、昼食後は一時間昼寝をすることが出来ます。夕食を仮就寝の時間になると、布団を敷いて横になることができます。就寝時間には、読書などをやめ床に入らなければなりません。電気は全部は消えず、減灯という形になります。拘置所の一日は以上のようなものになります。
収容される部屋(居室)は原則単独室です。トイレは部屋にあるので行きたい時に行けます。入浴は週2回か3回あります。居室ではラジオを聴くことや図書、雑誌、新聞の閲読ができます。衣類・寝具は施設から貸与されますが、自己の物を使用することができます。また、食料品や日用品については、規律や衛生上支障がない限り、かなり広範囲に購入や差し入れができます。未決拘禁者はあくまでも犯罪の被疑者なので、その権利・自由の制限は受刑者に比べれば幾分かゆるくなっています。

受刑者

起床は未決拘禁者よりは少し早く7時前になります。洗面、掃除後に点検を行い、朝食となります。20分ほど朝食の時間となり、その後作業する場所に移動し準備運動を行い作業に入ります。作業はおおむね16時半前後までありますが、午前中と午後に一回ずつ10分ほどの休憩と昼食休憩があります。終業後に夕食を食べた後は余暇時間となり、17時半頃に仮就寝となります。余暇時間には本を読んだりできます。就寝は21時です。休日は起床時間が遅くなり、作業はなくその時間は余暇時間になります。
収容される部屋(居室)は原則共同室です。受刑者は、衣類・寝具は施設から貸与された物を使い、自己の物を使用することはできません。また、規律や管理運営上支障がなく、処遇上適当と認めるときのみ、一定の範囲内で自己の物を購入等できます。他は未決拘禁者とほとんど変わりません。

例)東京拘置所

例)大阪拘置所

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)