住所、電話番号から面会、差し入れまで
  • HOME »
  • 手紙の宛先・住所と宛名は?

手紙の宛先・住所と宛名は?

手紙の基礎知識

こんにちは。調査員のともひろです。

このページでは、東京拘置所に手紙を送る場合の宛先・住所と宛名は何にすべきかについて調査した結果を報告しています。

東京拘置所に出す手紙の宛先は!?住所はどう書けばよい?

東京拘置所に手紙を出したいのですが、手紙の宛先はどのように書いたらよいですか?

東京拘置所の住所は、〒124-8565 東京都葛飾区小菅1-35-1になります。

住所の次に、と書き、その後に宛名を書いてください。東京拘置所行きということがわかります。

わかりました。

Aとは何の略なのかな??

住所などの書き方だが、たとえば、「東京都葛飾区小菅1-35-1 A 山田○○」と書けば良いそうだ。

東京拘置所に出す手紙の宛名は!?中の人の本名を書くの?

たとえば、東京拘置所に勾留中の芸能人などに手紙を出す場合、手紙の宛名は芸名でもよいですか?

手紙の宛名は、正式な名前で、フルネームの漢字で表記してください。

わかりました。芸名では、間違って他の人に届く危険もありますものね。

手紙の宛名は、中の人の本名をフルネームで漢字で書いてくださいとのことだ。戸籍の名前で、ひらがな表記などであれば、ひらがなでも問題ないと思うが。

東京拘置所では、手紙などの送付間違いがあってはいけないから、戸籍等に基づいて、正確に名前を把握したいのだろう。

本名の漢字表記がわからない場合には、本人の家族に聞いてみるのが一番よいだろう。

調査結果のまとめ

東京拘置所の住所の書き方は、たとえば、「東京都葛飾区小菅1-35-1 A 山田○○」と書けば良いそうだ。

また、宛名は、フルネームで本名を漢字表記で書く必要があるとのことだ。

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)