住所、電話番号から面会、差し入れまで
  • HOME »
  • 東拘の部屋(雑居、雑居房)

東拘の部屋(雑居、雑居房)

東京拘置所の基礎知識

こんにちは。調査員のともひろです。

このページでは、東京拘置所で収容されている人が過ごす部屋(雑居、雑居房)について調査した結果を報告しています。

東京拘置所の「雑居房」とは!?

「雑居房(ざっきょぼう)」と聞くことがあるんですが、「雑居房」とはどんな部屋のことですか?

雑居房は、複数人で生活する部屋のことです。約7、8名程度になります。

部屋には、便器と洗面台などが設置されています。

独居房よりも、広い部屋になります。

わかりました。人間関係で苦労するかもしれないけど、人と話すと色々と気がまぎれますね。

雑居房は、7、8名程度で生活する部屋とのことだ。

独居房よりも広く、また、便器と洗面台などが設置されている。雑居房か独居房かは、東京拘置所が個別の事情で判断するとのことだ。

複数人での生活で、良い方面でも悪い方面でも作用するようだ。

多くの人は、刑事事件でストレスがたまりがちだ。

そうすると、複数人の生活は、良い方面では、人と話すことで気がまぎれたりして、精神衛生上良いという話を聞くことがある。

他方、悪い方面では、いじめなどもあるようだ。

雑居房での生活はどんな感じ?

雑居房ですが、生活はどんな感じになりますか?

午前7時起床、午後9時就寝の規則正しい生活になります。

また、未決拘禁者の場合、基本的に、自由に過ごします。

雑居房では、複数名での生活になりますので、その中での談笑や付き合いが大きいとは思います。

面会があれば、面会ももちろん可能です。

わかりました。たとえば、刑事裁判中の人は、服役している訳ではないので、刑務作業はしないんですね。

雑居房では、午前7時に起きて午後9時に寝るという規則正しい生活になるとのことだ。また、複数名での生活になるので、付き合いが大きいようだ。

暇なことも多いので、本を読む時間も多くなるようだ。

調査結果のまとめ

雑居房は7、8名での生活になる。洗面台、便器などが部屋にあり、生活では付き合いが大きいようだ。

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)