住所、電話番号から面会、差し入れまで
  • HOME »
  • 面会代行サービス

面会代行サービス

弁護士費用は、
1回4万円(交通費込み)でご案内しています。
詳しくはお電話ください。

1 面会代行

はじめに

・東京拘置所に家族が収容されてしまったが遠方に住んでいるので面会が難しい
接見禁止がついているので面会できない
面会時間が短すぎて十分な話ができない
とお悩みではないでしょうか?

しかし、もう心配する必要はありません。

弁護士に収容者との面会代行を依頼すれば、弁護士が十分な時間をとって面会し、今後の刑事裁判に向けた対策やその他の問題について十分なアドバイスをすることができます。

アトムの面会代行の強み

アトム法律事務所には、刑事事件専門でノウハウと経験の豊富な弁護士が在籍しています。東京拘置所へのアクセスが抜群な北千住支部があるのも大きな特徴です。

北千住支部の面会代行は、1回当たり日当4万円(税別)の費用で依頼することができます。

面会代行の枠には限りがありますので、予約多数の時期には弁護士がすぐに出動できないこともあります。

緊急を要する面会については、お早めにアトム法律事務所の予約専用フリーダイヤルまでお電話ください。経験豊富な弁護士が、あなたやあなたの家族を、弁護士面会により全力でサポートします。

2 東京拘置所での面会の知識総まとめ

弁護士面会

弁護士面会の受付時間は、8時30分から11時30分まで、12時30分から16時までとなります。弁護士面会に1日の回数制限はありません

弁護士面会は一般面会とは異なり、以下の一定の場合には夜間や休日でも面会できることがあります。夜間面会は、前日15時30分までに予約する必要があります。

面会可能な場面
夜間面会 5日以内に裁判期日や書類提出期限が迫っている場合
休日面会(土曜の午前中のみ) 2週間以内に裁判期日や書類提出期限が迫っている場合

一般面会

一般面会の受付時間は、平日の8時30分から11時30分まで、12時30分から16時までとなります。土日祝日の一般面会はできません。事前の面会予約もできません。

面会の待ち時間は約10分程度であることが多いようです。面会は1日1回だけしかできず、面会時間も15分間と限られています。面会時間が過ぎると、係りの職員がお知らせします、

一度に面会できるのは3名までとなりますが、未就学児であれば、膝に乗せれば人数にカウントされません。

弁護士面会と一般面会の違い

弁護士面会 一般面会
受付時間 平日8:30~11:30、12:30~16:00
回数制限 なし 1日1回だけ
事前の面会予約 できる できない
面会時間 制限なし 15分まで
夜間面会 場合によりできる できない
休日面会 場合によりできる できない

3 面会代行を依頼するメリット

アトムの出張相談 最大のメリット

適切なアドバイスを行うには、詳細な事実関係の把握が不可欠です。

ご本人様以外の方が、把握されている事情を元に法律相談を受けることもできます。

しかし、最も事件に詳しい方は、ほかでもない、ご本人様です。

ご本人様から直接ご事情を聞き取ることが、最も有効な事実関係の把握につながります。

拘置所に弁護士が出張して行う出張相談は、考えられる最も適切な法律相談なのです。

不安は当然

自分の人生を大きく左右する裁判を控え、不安を感じるのは当然のことです。

また、収容されている方は勿論のこと、そのご家族の方も同様に不安を抱えています。

弁護士の出張相談では、直接収容されている方と面会し、事情をお伺いした上で、個別具体的な相談を行い、ご質問に回答いたします。

また、弊所では、弁護士が出張相談後、ご家族の方のご希望に応じて出張相談のご報告及び質疑応答も行っています。

拘置所に移送されると接見の回数が減る?

国選弁護人が選任されている場合でも、弁護人に頻繁に面会に来てもらえるわけではありません。拘置所に移送された後は、取調べが無くなるケースが多く、弁護人の接見回数も減少する傾向にあります。

出張法律相談は、裁判が近づいているからこそ、収容されている方の精神的な助けになるのです。

出張相談は収容されている方の大きな助けになります

収容されている方に、家族として何かできることはないか・・・と悩んでいませんか。

出張相談は、ご家族の方ができる収容されている方への大きな手助けの1つです。

刑事弁護のノウハウと経験が豊かな刑事専門の弁護士が、1回限りでも面会することで、収容者の不安な気持ちが大きく和らぎます

何もしないまま時間だけが経つと、流れに身を任せて裁判の日を迎えるしかありません。しかし、1回の出張相談で事件の流れが変わることも少なくありません。

あなたの意思決定が、今後の収容者の将来を決めることになります。ぜひ、アトムの出張相談サービスを活用した上で、収容されているご家族の不安を解消してあげてください。

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)